緑内障の進行を抑える効果がある成分!?

緑内障は目の神経が少しずつ死滅し、視野が狭窄され、最悪は失明する病気です。
いったん狭窄した視野は元には戻りません。
現在の治療方法は、点眼薬や手術によって眼圧を下げ、視野の狭窄を抑えることしかできません。

ところが、最近の実験で緑内障に「アントシアニン」の有効性が証明されているようです。

正常眼圧緑内障が日本人に多いタイプの緑内障ですが、加齢や紫外線による網膜細胞の酸化ストレスが原因の一つとされているようです。
ラットの網膜細胞に酸化ストレスを増やし、細胞の4割が死滅した後に、「アントシアンニン」を投与したところ神経細胞がそれ以上死滅することを抑制できたようです。

「アントシアニン」には眼圧を低下させる効果もあるらしく、札幌医科大学の大黒 浩教授も緑内障の患者に協力してもらい、2年間「アントシアンニン」を摂取した患者は眼圧上昇を抑制することができ、視野の狭窄も抑えられたようです。

アントシアニン。
緑内障になるまで聞いたこともない成分です。

アントシアニンはカシスに多く含まれる成分で、特攻栄養はブルーベリーの三倍以上もあるようです。

私も緑内障と診断されてから、カシスのサプリメントを摂取するようになりました。

本当にカシスで眼圧が抑えられ、視野の狭窄の進行を抑えられるのか。
私がモニターとなって、今後、このブログで報告していきたいと思います。




スポンサードリンク

この記事へのコメント