緑内障と住宅ローン

私は2年前の夏、家を買いました。
ただ、その家はまだ建設前で建つのは2年後でした。
そう!2016年の今年、竣工を迎え、ついに入居できるのです。

新年を迎えた時は「あーついに今年引っ越しかー」なんて胸踊らせてましたし、マイナス金利政策もあって住宅ローンが下がっているしラッキーだなーと思っていました。

そんな矢先に緑内障の診断。。

住宅ローンの本審査の前でした。

スポンサードリンク




住宅ローンには団信という生命保険に加入する必要があります。
すでに生命保険などに加入されている方はご存知かとは思いますが、緑内障は告知義務があります。

この団信に入れなければ、基本的に住宅ローンを借りることができません。
(正確にはフラット35は団信不要でローンを借りることはできます。ただ、家族のことを考えると団信加入無しは考えられませんでした。)

正直、なんでこの住宅ローンを借りるタイミングに緑内障になったのか。私が何かしたのか。と神様を恨みました。

とにかく「緑内障 住宅ローン」でググりまくりました。

はっきり、緑内障で住宅ローン借りれましたという記事にはなかなか辿りつけず、こりゃ通らないんじゃないか?とかなり不安な気持ちになりました。

しかし、緑内障でこれから住宅ローンを借りようとされている方、安心してください!

緑内障でも住宅ローン借りれます!!

もちろん、症状の進行具合や住宅ローンを借りる条件にもよるとは思いますが。

私は某ネット銀行の住宅ローンに本審査を申し込み、待つこと3週間ほどで結果が来ました。
無事に本審査通過、しかも金利優遇はMAXまで優遇していただけました。
ちなみに医者の診断書の提出も無しでした。

以下に団信申込書に告知した内容を記載します。
(身バレが怖いので若干maskさせてもらいます。)
これから住宅ローンに申し込まれる方の一助になれれば幸いです。

告知内容
2016年3月に初期の緑内障と診断される。
左目鼻側一部狭窄。
右目鼻側一部狭窄。
両目視野異常なし。
治療内容はキサラタンの点眼のみ。
眼圧低下の効果あり。
日常生活に問題なし。
左目の裸眼視力:1.2
右目の裸眼視力:1.2

恐らく、緑内障のみの記載だとNGだと思います。
進行具合、治療内容、両目視野の状況や日常生活の支障具合など具体的に書くことが重要だと思います。

緑内障で家を買おうとお考えの皆さん。
ぜひ諦めずにチャレンジしていただければと思います。

スポンサードリンク

この記事へのコメント