【緑内障】診断後二回目の視野検査

お久しぶりです。はるたかです。

プライベートで引っ越しや保活など色々とあり、ブログの更新が滞っておりました。。
本日、緑内障の診断後二度目の視野検査があったので状況を報告したいと思います。

診断後初めての視野検査についてはコチラ

スポンサードリンク




7月に視野検査をしてから約半年。感覚的にですが、徐々に視界が狭まっているように感じていました。
しかも仕事で目を酷使した後の視野検査でしたので、結果は悪いものだろうと思っていました。

(疲れ目に視野検査はとてもシンドイのです。。)

検査内容は前回と同様でしたが、順番は前後していました。
今回の検査の流れは以下の通りです。

1. 視野検査
2. OCT検査
3. 眼圧検査
4. 視力検査
5. 主治医による診察

1〜4まで終えて主治医に呼ばれます。
主治医がPCでカチカチして、視野検査の結果を表示。

結果、進行はしていませんでした。

ほっとしました。
MD値は以下の通り。

右目:-3.8dB
左目:-6.8dB

前回比で右目はなぜか良くなってました。
左目は若干悪いですが、一番最初の検査よりはいい結果です。

本来、緑内障は一度失った視神経は復活しないので良くなることはないはずなんですが。

先生曰く、視野検査の慣れやまぶたの位置、視野検査器に顎を乗せた時の位置などが関係しているのでは?とのことでした。
ひとまずは現状を維持できているので問題ないという診断になりました。

スポンサードリンク




前回同様、雑談ベースで今後の視神経の回復などについて聞いてみました。
視神経について研究は昔から行っているようですが、復活させるまでに至っておらず相当先になるのではという残念な回答をいただきました。

マウスの実験でiPS細胞により網膜の組織を回復できたと、先日ニュースがありましたが、実用化されても非常にお金がかかるようです。

視神経の回復は期待せずに、如何に現状を維持できるかに注力していきたいと思いました。

目の状況
■左目
視力:1.2
眼圧:11
MD値:-6.8dB
■右目
視力:1.2
眼圧:10
MD値:-3.8dB




スポンサードリンク

この記事へのコメント