緑内障の進行を抑える効果がある成分!?

2016/05/06 23:39
緑内障は目の神経が少しずつ死滅し、視野が狭窄され、最悪は失明する病気です。 いったん狭窄した視野は元には戻りません。 現在の治療方法は、点眼薬や手術によって眼圧を下げ、視野の狭窄を抑えることしかできません。 ところが、最近の実験で緑内障に「アントシアニン」の有効性が証明されているようです。 正常眼圧緑内障が日本人に多いタイプの緑内障ですが、加齢や紫外線による網膜細胞の酸化ストレスが原因の一つとされているようです。 ラットの網膜細胞に酸化ストレスを増やし、細胞..

続きを読む

もっと見る